毎日すすめ!こどもと暮らす

子育てや日々の生活を向上させるためのお役立ち情報を発信しています。

トッポンチーノ

トッポンチーノを手作りするときの型紙の作り方!

投稿日:2018年1月29日 更新日:

トッポンチーノは、生まれたばかりの赤ちゃんのための小さなお布団です。
安心できる環境を作ってあげれば、きっと赤ちゃんは喜んでくれるはずです。
前回のトッポンチーノのサイズとカーブ見本から、作りたい大きさは決まりましたか?
今回は、実際のトッポンチーノを手作りするときの型紙をご紹介します。
直線とカーブだけで、簡単ですよ。
実際に作ったときの写真もあります。

スポンサーリンク

トッポンチーノを手作りするときの型紙

私は今回、縦65センチ、横45センチのサイズのトッポンチーノを手作りすることにしました。
カーブの部分は、半径18センチのカーブをつけて全体的に丸い感じにしようと思います。

では、さっそく型紙を作っていきたいと思います。

1.カーブの型紙を印刷します。

こちらから、ダウロードできます。
トッポンチーノカーブの型紙

2. 作りたいカーブに沿って、切り取ります。
(今回は、半径18cmを使います。)

3. 新聞紙など大きい紙を準備します。
(なければ、コピー用紙などを張り合わせてもいいです。)
2回、半分に折ります。

4.直線部分の長さを計算します。

『(作りたい縦or横の大きさ)-(カーブ半径の2倍)= 直線部分の長さ』 という計算で、直線部分の長さがわかります。
今回、カーブ半径が18cmなので、その2倍は、36cmになります。

(作りたい縦の大きさ)-(カーブ半径の2倍)= 直線部分の長さ
60cm  - 36cm  = 24cm

スポンサーリンク

(作りたい横の大きさ)-(カーブ半径の2倍)= 直線部分の長さ
45cm  - 36cm  = 9cm

そして、今回は新聞紙を半分に折っているので、上で計算した直線部分の長さを半分にします。
縦の直線部分の長さ 24cm÷2=12cm
横の直線部分の長さ 9cm÷2=4.5cm

5.先ほど折った新聞紙の中心から、12cmと4.5cmのところに線を引きます。

6.線が交わったところに、カーブの型紙の直角部分をおいて、カーブをなぞります。

7.直線部分を書き足します。

8.新聞紙を、線に沿って切ります。

まとめ

これで、型紙の出来上がりです。

縫い代は入っていません。
なので、布を切るときには縫いしろをプラスする必要があります。

この型紙1枚で、トッポンチーノの内袋、カバー、綿の大きさの型紙になります。

次は、実際に必要な布の大きさをご紹介します。

トッポンチーノの作り方については、こちらを参考にしてみてください。

トッポンチーノの使い方と効果とは?

トッポンチーノのサイズは?

トッポンチーノの型紙!

トッポンチーノを手作り!綿と内袋とカバーの生地選び

ダブルガーゼ生地の無地を楽天で買うなら日本製のコレ!通販でも失敗なしの理由

スポンサーリンク

-トッポンチーノ
-,

執筆者:

最近のコメント

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。