毎日すすめ!こどもと暮らす

子育てや日々の生活を向上させるためのお役立ち情報を発信しています。

ひな祭り

ひなまつりのご飯は簡単なちらし寿司で!卵だって時短!

投稿日:2018年1月11日 更新日:

少しずつ、寒さも弱まって、春の気配がする今日このごろ。
もうすぐひなまつりですね。
女のお子さんがいるご家庭では、ひなまつりのご飯のメニューは、何にしようか考えるのではないでしょうか。
今回は、簡単にできるひな祭りごはんのアイデアをご紹介します。

スポンサーリンク

ひな祭りご飯は簡単に!


ひな祭りは、子供の成長をお祝いする大切な行事とわかっていても、なかなかひな祭りのご飯を本格的に作るのは大変ですよね。
日々の生活もあるし、仕事や育児でてんやわんや。
でも、いつもとは、ちょっと違う雰囲気でひな祭りをお祝いしたい!
ひな祭りのご飯を簡単にするなら、『ちらし寿司』で決まりです。
ちらし寿司って、なぜか、ひな祭りご飯のメニューっぽくないですか?
(ワタシだけ!?)
ちらし寿司は、具もたくさん入っているし、彩りもきれい。
みんなでわいわい食べられますし。

市販のちらし寿司のもとを買ってきて、混ぜればいいのです。
でも、いつもと同じでは、ひなまつりっぽくないです。
そんなときは、盛り付けに一工夫しましょう!

ひな祭りのちらし寿司は簡単だけど一工夫!

いつものちらし寿司なら、大皿にそのまま載せたり、それぞれのお茶碗によそっていますよね。
今回は、ひなまつりにふさわしく、華やかにしたいと思います。
準備するのは、どんぶりです。
小さめのボールでもいいですよ。

作ったちらし寿司を、どんぶりに詰めます。
しゃもじで、キュッキュッと上から抑えます。
平皿に、どんぶりをひっくり返して、ちらし寿司を出します。
ご飯を入れる前に、どんぶりを一度水で濡らしておくと、外しやすいです
これで、ドーム型のちらし寿司が完成です。
いつものお茶碗で型で、小さめのドームをいくつか作ってもにぎやかになります。

スポンサーリンク

ここに、たまごやキュウリをトッピングします。
ちらし寿司の上でも、周りでもかまいません。
子供と一緒に、トッピングしても楽しいですよ。
トッピングの材料は、ハム、カニカマ、うずらのゆで卵、コーン、茹でエビ、かまぼこなどもおすすめです。
100均に売ってあるピックを使うと、おしゃれ感が出ます。

ぜひ、トッピングはいつもより多めに準備してください。
ひなまつりにふさわしく、華やかになります。

ひな祭りのちらし寿司にのせる卵を時短!


ちらし寿司にトッピングする錦糸卵って、作るの大変じゃないですか?
薄焼き卵を作って、それを細く切るのは一苦労です。
私の場合、薄焼きを作ろうとすると破れたり、ぶあつくなったり…
細く切るのも苦手です。

でも、ちらし寿司のトッピングに使いたい!
ということで、わたしはいつも、たまごのそぼろを作って、それをちらし寿司にのせています
ちらし寿司のご飯に、混ぜ込んでいることもあります。
彩りもきれいになるしね。
卵焼き嫌いな子供も、ご飯と一緒に食べてくれます。

まとめ

せっかくのひなまつりだから、いつもと違うご飯メニューにしたい!
ケド、なかなか手が回らない…
そんなときは、いつものちらし寿司をドーム型にしてみてください。
そして、トッピングをたくさん準備すれば、それだけで、なんか特別感が出ますよ。
ぜひ、試してみてください。

ひなまつりに使えるアイデアはこちら
↓ ↓ ↓

ひな祭りのパーティーでおすすめデザートとお菓子と手土産のご紹介

ひな祭りには菱餅が定番?お菓子で簡単に作るお土産は?

2月生まれの女の子の初節句はいつ?雛人形以外は?簡単にできること

スポンサーリンク

-ひな祭り
-,

執筆者:

最近のコメント

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。