毎日すすめ!こどもと暮らす

子育てや日々の生活を向上させるためのお役立ち情報を発信しています。

入学準備

油性ペンで名前付けがいい!にじまない方法や上履きに書くときのコツ

投稿日:2017年12月21日 更新日:

寒い日が続きますが、年も明けると、新年度のことを考え始めなければなりません。
入園・入学準備は、とても大変です。
そのなかの持ち物の名前付けは、時間も手間もかかります。
わたし自身も、子供たちの名前付けには、いまだに、苦労しています。
何年か名前付けをしていると、いろいろな工夫があります。
今回はそのアイデアをご紹介します。

スポンサーリンク

油性ペンで名前を書くのがマイベスト!


長女が、保育園に入園するときは、お名前スタンプを購入したり、アイロンでくっつく名前シールを使っていました。
が、手間と費用がかかりました。
名前を書きたいスペースから、スタンプがはみ出したり、
忙しい朝に、アイロンなんて出しているヒマはありませんでした。

それならばと、油性ペンをコストコで購入しました。
コストコで「マイネーム」10本入り、約800円でした。
はじめは、10本使うかなぁ、もったいないかも。
と思っていましたが、10本買って正解でした。

なぜかというと、家中に油性ペンをスタンバイさせることができたからです。

リビング、キッチン、洗面所、玄関、子供の机、クローゼットに、1本ずつ油性ペンを置いています。

そして、小学生になった子供に学校用にと持たせています。

これで、子供がいつ「名前書いて~」と言ってきても、対応できます。
洗濯前や、着替えのときに名前が薄くなっていたら、洗面所やクローゼットに置いた油性ペンで名前を書きます。
出かける直前に、名前を書くのを忘れたときでも、玄関でチャチャチャっと書けます。
遠足のときの、お弁当箱やお菓子を入れる袋にも、油性ペンは使えます。

名前付けの油性ペンは、家中のいろいろなところにおいておくのをおすすめします。

スポンサーリンク

油性ペンで名前をにじまないようにするには?


油性ペンで、布製のものに名前を書くことってありますよね。
洋服のタグやハンカチに、油性ペンで名前を書こうとすると、にじむときがあります。
そんなときは、名前を書く前に一工夫してください。
布に油性ペンで書く前に、「布を水で湿らせる」ということです。
布地に、先に水がしみているので、後から使う油性ペンのインクを広がるのを防いでくれるのです。
このとき、布を水でびちゃびちゃに、ぬらすのではなくて、軽く湿らす程度にしてください。
あまり濡れていると、油性ペンで名前が書けません。
洗濯後の脱水された服くらいだと、いい感じの湿り具合です。
先ほど、ご紹介したコストコで購入した油性ペンは、「サクラ マイネーム 名前書き用」
です。
インクの粘度が2倍で、にじみにくいとありました。
にじみにくい油性ペンを購入するのも、名前付けをスムーズにしてくれます。

さらに、布を濡らすのも手間だったら、布用専用の名前ペンを購入したほうが便利です。
文房具店や手芸店に行けば、もちろんネットでも、布用のペンが販売されています。
色も、黒や白があるので、この2色を買っておけば、濃い目の色の服にも名前を書くことができます。

上履きに名前を油性ペンで書くときのコツ

我が家の下の子は、まだ、靴の右と左がイマイチわかっていないようです。
靴が内側を向くようにはくんだよっと言っても、わかるはずもなく。。。

ということで、油性ペンで名前を書くときに、ある工夫をしてみました。

靴の親指のあたる部分に☆マークを書いたのです。
左の上履きには「名前☆」、右の上履きには「☆名前」としました。
これなら、「星と星がくっつくように、履いてね」といえば、園児でもわかるのです。

履いたときに、本人が上から見えるように、つま先の部分に書くのがポイントです。

今回、名前は、上履きのゴムの部分に書きました。
実は、ここに書くと消えやすいです。
でも、なぜココかというと、すぐにサイズアウトすることを見越してのことです。
それに、上履きなので、そんなに痛むこともありません。
だから、下の子にも、履かせるためには、名前は多少消えやすくてもいいかなと思ったのです。

名前付けでも、消えてほしくないときと、消えてもいいときもあって、大変です。

まとめ

子供の名前付けをはじめて、はや6年。
失敗もあるけど、なんとかここまできました。
少しでも、今回ご紹介したアイデアがご参考になれば、うれしいです。

こちらでも名前付けについてご紹介しています。
入学準備!名前シール?スタンプ?それともテプラ?【我が家の場合】

スポンサーリンク

-入学準備
-,

執筆者:

最近のコメント

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。