毎日すすめ!こどもと暮らす

子育てや日々の生活を向上させるためのお役立ち情報を発信しています。

食べ物

鏡餅が固いときの食べ方は簡単でおいしい水餅にしよう!

投稿日:2017年11月20日 更新日:

皆さんは、お正月に飾った、鏡餅はどうやって食べていますか?
最近は、鏡餅の形になったプラスチックのパッケージに、真空パックのお餅がいくつか入っていることが多いですよね。

今回は、昔ながらの、あの鏡餅の形、そのままのお餅の食べ方をご紹介します。
もちろん、どんなお餅でもおいしいよ。

スポンサーリンク

鏡餅が固いときの食べ方!


お正月の間、おそなえしていた鏡餅って、まぁ固い!
昔ながらの鏡餅は、お餅の部分がむき出しですからね。
切ろうと思っても切れない。
というか、その鏡餅、実は切ってはいけないんです。
鏡もちは、『割る(開く)』ものなのです。
『鏡開き』っていうくらいですしね。

ビニール袋や、新聞紙に包んで、木槌(または金槌)で、たたきわってください。
手のひらくらいの鏡餅だったら、そのままでもいいです。
もし、青かびがついていたら、削り取っておいてください。

金槌もないよ~っていう時は、レンジで10秒づつ温めて、包丁で切っちゃってもいいですよね。
手のひらくらいのサイズの鏡餅だったらそのままでも。

そして、小ぶりになった鏡餅に、あることをすると、とてもおいしく食べられます。

鏡餅の食べ方で簡単なあることをするとおいしくなる!


固くなってしまった鏡餅を、そのままトースターで焼いて食べてもいいですが、
鏡餅の表面だった部分は、乾燥して相当固くなっています。
焼くと、さらにガリガリと固い...

スポンサーリンク

そんなときは、鏡餅を水を張った容器に入れて、冷蔵庫で一晩放置してみてください。

乾燥した鏡餅が、水分を吸って、びっくりするくらい柔らかくなります。
お餅の中心部分まで、柔らかくなるまで待ちます。

お餅全体が水につかるように、大き目の容器がおすすめです。
そして、2-3日水につける場合は、ときどき、水を替えてあげてくださいね。

室内だと、どうしても暖房器具の影響で室温が高くなります。
できるだけ、涼しいところで保存してください。

鏡餅を水餅にしよう!


ついに、かちかちだった鏡餅がやわらかくなりました!
水に浸して、『水餅』になりました。

この柔らかくなったところで焼いて食べましょう!
が、トースターは、使いません。

柔らかくなったお餅は、トースターの網に絡み付いて、あとの始末が大変です。
クッキングシートなどを敷いて、焼けば、くっつくことはないと思いますが...。

しかし、今回は、フライパンで水餅を焼いてみてください

水餅の焼き方

フライパンに、油をひきます。
そして、水餅をフライパンの底面に平らになるよう敷き詰めます。
その後、ふたをして弱火で焼いていきます。
いい感じの焦げ目がついたら、ひっくり返して反対側も焼きます。
両面焼けたら、しょうゆを回しかけます。
ジュッという音と、しょうゆの香ばしいかおりが広がります。
お箸で、つまみながらいただきましょう。

大流行中のスキレットなら、そのまま食卓に出してもいいですよね。
余熱で、お餅の柔らかさが長続きします。

しょうゆを、砂糖醤油にしてもおいしそうですよね。
子どもたちに、受けそうな味になります。

トースターではなくて、フライパンを使って焼くことで、とろーり柔らかなお餅食べることができます。

まとめ

お餅に、少し飽きはじめる1月中旬。
鏡開きの時には、いつもと違った食べ方をしてみてはどうですか?

最小限の手間をかけるだけで、固い鏡餅が柔らかになります。

寒い季節は、アツアツお餅であったまってくださいね。

スポンサーリンク

-食べ物
-,

執筆者:

最近のコメント

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。