毎日すすめ!こどもと暮らす

子育てや日々の生活を向上させるためのお役立ち情報を発信しています。

食べ物

食パンに卵とマヨネーズをのせてトースターへ!焦げる?カロリーは?

投稿日:2017年11月10日 更新日:

朝ごはんは、ご飯派ですか?パン派ですか?
わたしは、パン派!
ご飯に卵をかけたら、卵かけごはんですよね。
パンに卵をかけたら??

今回は、食パン、卵、マヨネーズがあれば簡単にできるおいしいレシピをご紹介します。

スポンサーリンク

食パンに卵とマヨネーズをのせたらトースターへ!

準備する材料は、食パン、卵、マヨネーズの3品。
お家にある定番の材料を使っておいしいトーストを作ります。
あと、アルミホイルか、トースターの受け皿を準備してください。

まず、食パンの中央を軽くおさえて、へこましておきます。
今回は、5枚切り食パンを使っています。

食パンの周りに、マヨネーズで壁を作ります。
マヨネーズは、低カロリーではない普通のマヨネーズを使っています。
ヘルシー系のマヨは、焦げ目がつきにくいです。
マヨが星形で出るように、キャップを外します。
食パンの耳、ぎりぎりに7-8ミリの高さが出るように、上からゆっくりとマヨを垂らしていきます。

といた卵を食パンの真ん中に流し込みます。
MかSサイズの卵がおすすめ。溢れにくいです。
食パンはあらかじめ、アルミホイルの上に載せておきます。
そして、なるべく、トースターの近くで作業します。
卵を流した後に、持ち上げたり動かすと、溶いた卵がマヨの壁からこぼれてしまいます。

トースターで、お好みの状態まで焼きます。

できあがり!
簡単ですよね。

しかし、食パンばかりが焦げてしまうこともあります。
もう少し、マヨネーズに焦げ目をつけたり、卵を完熟にしたいときありますよね?
そんな時の裏技を、次でご紹介します。

スポンサーリンク

食パンにマヨネーズと卵をのせたら焦げるときの対処法


食パンにマヨネーズと卵をのせて、トースターで焼いたら、食パンのフチばかり焦げてしまうことがあります。
マヨネーズや卵をもう少し焼きたい、でも、パンが焦げるのはイヤ。
そんなときは、次の方法を試してみてください。

その1
たまご、マヨネーズを常温にしておく。
冷たいまま焼くより、少しでも温度を上げておいた方が、焼き目が付きやすい。

その2
これ以上焦げ目をつけたくない部分に、アルミホイルをかぶせてあげる。
食パンの下に敷いたアルミホイルを、くるりと上側に持ってきてみてください。

その3
パンの耳をすこし、水で濡らしておく。
作り始める一番初めに、指に水をつけてパンの耳を軽く湿らせておくのです。
そうすると、まず水が蒸発して、パンの耳だけ焦げるのを防げます。

食パンとマヨネーズと卵の気になるカロリーは?

焼き立てをほおばると、とっても美味しいので、ついつい食べ過ぎてしまいます。
そうなると、カロリーが気になってきます。
そして、栄養バランスも。
調べてみるとこのようになりました

食パン 5枚切り1枚分   約200kcal
卵 Mサイズ 1個     約100kcal
マヨネーズ 40g使用   約266kcal(大さじ1約15gで100kcal)
合計 約566kcal


このカロリーだけを見ると、結構高いと思いますか?
でも、1日に必要なカロリーは約2000kcal。
なので、そこまで気にするほどではないです。
ご飯茶碗1杯のカロリーは、240kcalほどですしね。

これに、野菜サラダやフルーツをプラスすれば、栄養バランスがよくなります。

まとめ


忙しい朝は、食パン、卵、マヨネーズで簡単おいしい朝ごはんを作りましょう!

食パンだけが、焦げてしまうときの対処法もご紹介しました。

これで、明日の朝、起きるのが楽しみになりましたか?

今日も元気にいってらっしゃい!

ローソンで新発売のカレーパンを買って食べてみました!

ローソンのカレーパンを買ってみた!アレンジレシピと新発売のパンの感想

スポンサーリンク

-食べ物
-

執筆者:

最近のコメント

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。