毎日すすめ!こどもと暮らす

子育てや日々の生活を向上させるためのお役立ち情報を発信しています。

季節の行事

お月見泥棒のお菓子を買うおすすめのお店とやり方をご紹介

投稿日:

お月見泥棒は、愛知県、名古屋市の一部で行われている中秋の名月に行われる行事です。
子どもたちが、地域の各家庭を回って、お菓子をもらいます。
和製ハロウィンのような感じです。
お月見泥棒で、準備するお菓子や子どもたちに伝えるルールについてご紹介します。

スポンサーリンク

お月見泥棒のお菓子ならこのお店!

お月見泥棒で準備するのは、お菓子です。
ハロウィンみたいに仮装の衣装が必要ないので、気軽に参加できます。

お菓子を準備する側としては、たくさんのお菓子がいります。
地域の子どもたちがまわってくるなら、何人くるか事前にわからないので、小さめのお菓子を多めに準備するといいです。

お月見泥棒用のお菓子を買うなら、業務スーパーやアミカなどの問屋スーパーがお役立ちです。
もちろんコストコも、お菓子の大量購入に向いています。

お菓子専門店も大量購入できますね。
おかしのまちおか、おかしのひろば、駄菓子カンパニー。

飴や小袋のお菓子がたくさん入っていて、お得です。
同じ種類の味がたくさん入っているからお得なのですが、一人で食べるわけではなく、たくさんの子供たちにわたすので、同じ味のお菓子でも問題なしです。

「好きなお菓子を一人一つ持っていってね」という場合なら、1つあたりのお菓子の金額を揃えたほうがいいです。

スポンサーリンク

仲間内のイベントとしてお月見泥棒をする場合は、参加人数も把握しやすいです。
その場合、お菓子を小袋に入れて人数分準備するなら、飴、チョコ、うまい棒など、バリエーションを変えて袋詰するのがおすすめ。

お月見泥棒のルールは


お月見泥棒を楽しいイベントにするには、いくつかルール、約束事を決めておくといいですよ。

・交通ルールを守る!
公共の道を歩くなら、車に気をつけましょう。
夕方だと、帰宅の車も多いし、日暮れ時には、明るい色の服や反射材もあるといいです。

・お菓子をもらうときは、「お月見泥棒です!」と言う!
お家の人に聞こえるように大きい声で言おう。

・もらうお菓子は一人ひとつだけ!
みんながお菓子を貰えるように、もらい過ぎには注意。

・お礼をきちんと言う!
楽しい行事、来年も続けられるようにちゃんと感謝の気持を伝えます。

・お菓子のゴミは持ち帰る
お菓子はできるだけ家に帰ってから食べよう。
もし、その場でお菓子を食べるなら、きちんとゴミをゴミ箱へ。

お月見泥棒のルールを作って、きちんと守ることが、楽しいお月見泥棒にする秘訣です。
楽しい行事になるかどうかは、あなた次第!

まとめ

年に一度のお月見泥棒、楽しみです。
たくさんお菓子をもらえるといいですね。
お菓子も嬉しいけど、きれいなお月様をみることを忘れないでね(*^_^*)

スポンサーリンク

-季節の行事
-,

執筆者:

最近のコメント

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。