毎日すすめ!こどもと暮らす

子育てや日々の生活を向上させるためのお役立ち情報を発信しています。

お出かけ

ベビーカーのレインカバーに代用するなら100均が便利!やってみた!!

投稿日:

あまり出番のないベビーカーのレインカバーにお金をかけたくありませんよね。
でも、天気予報で雨の予報が出ているけど、どうしても明日のお出かけでベビーカーが必要なときもあります。
そんな時は、100均に売っているあるものを代用して、ベビーカーのレインカバーを手作りすることができます。
家にあるものを使えば、すごく簡単にベビーカーのレインカバーが作れます。

スポンサーリンク

ベビーカーのレインカバーは100均のあれを使えば激安!


市販のベビーカーのレインカバーは、透明のビニールがベビーカーの形に縫われています。
出入り口や通気口があったり、値段通りのしっかりとした作りだと思います。

でも、ベビーカーのレインカバーを使うのは、今回限りというときは、あまりお金をかけたくないものです。

ということで、100均に売っている透明のテーブルクロスをベビーカーのレインカバーに代用してみました。

100均に売っているレインコートをベビーカーに巻きつけることもできますが、白色なので、ベビーカーに乗っている子供は外の景色を見ることができません。

その点、100均のビニールのテーブルクロスは透明なので、視界良好!
雨粒が流れるのも見られます。

ベビーカーのレインカバーを代用品で試してみた!


ベビーカーのレインカバーにだいようするのは、100均のダイソーで売っていたビニールクロスです。
外袋は、捨ててしまってないのですが・・・

サイズは、120cm×150cmです。
生地の厚みは、透明のビニール傘よりも少し薄いと思います。
その薄さのおかげで、たためば軽くてコンパクトになります。
そして、程よいハリと柔らかさがあります。

スポンサーリンク

この透明のビニールクロスで、ベビーカーを覆います。
硬すぎないので、ベビーカーにちょうど巻きつけることができ、薄すぎないので風でめくれあがりません。

このダイソーのビニールクロスと、家にある洗濯ばさみを使えば、即席のベビーカーのレインカバーになります。

洗濯ばさみは、普通のでもいいし、大型の洗濯バサミならベビーカーのフレームごとビニールクロスを止めることができます

150センチの長い方を、前後にしてベビーカーにかぶせます。

ハンドルの上でも下でもいいです。
ハンドルに荷物をかけるフックを付けている場合、ハンドルの下にビニールクロスがくるようにします。
そうすれば、フックに掛けた荷物が取りやすいです。

逆に、ハンドルとフックごとビニールクロスで覆えば、荷物が雨に濡れにくいです。

そして、洗濯ばさみで横のビニールクロスがたるんでいる部分を留めます。
ベビーカーのシェードの部分などが、洗濯ばさみで留めやすいです。

実際に使用する時は、もう少し、洗濯バサミの数を増やしたほうがクロスが安定します。
左右の上部、下部に1箇所ずつ、シェードに2箇所くらい。

ベビーカーのサイズによっては、全体を包むことはできません。
写真では、裏側の部分の長さが短めです。
でも、即席のベビーカーのレインカバー代用としては、それなりの役割を果たしてくれます。

この方法は、通常の使い方とは違うので、自己責任でお願いします。

まとめ

100均に売っている透明ビニールのテーブルクロスで、ベビーカーのレインカバーに代用する方法をご紹介しました。
わたしはこの方法で、降水確率90%だった雨のディズニーランドを楽しみましたよ(^_^)v
もし、レインカバーを買うのをためらっている場合は、このアイデアを試してみてください。
使用する際は、子供は予期しないことをするので、注意してくださいね。

スポンサーリンク

-お出かけ
-,

執筆者:

最近のコメント

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。