毎日すすめ!こどもと暮らす

子育てや日々の生活を向上させるためのお役立ち情報を発信しています。

食べ物

ゆで卵を弁当に入れた時の匂いを消すコツと苦手なら水から茹でる?

投稿日:

お弁当のおかずにゆで卵を入れると、食べるときに匂いが気になりませんか?
ゆで卵には、独特な匂い、硫黄臭がありますよね。
苦手な人もいると思います。
今回は、そんなゆで卵をゆで卵臭くさせない方法をご紹介します。

スポンサーリンク

ゆで卵を弁当に入れたいけど匂いが気になる!


お弁当のおかずにゆで卵を入れると、あの匂いが臭い。
それ、ゆで卵を作るときに、茹ですぎるのが原因かもしれません。
ゆで卵の黄身の周りが黒っぽい緑色に変色しているのは、加熱時間が長かったためです。
その変色した部分がたまご臭くなるのです。

卵は、長く茹でると硫黄臭が強くなります。

ゆで卵の黄身は、黄色よりも濃いオレンジ色にしてあげたほうが、硫黄臭の匂いを軽減できます。

では、どうやって茹でれば、黄身がオレンジ色になるのでしょうか?
コツを次でご紹介します。

ゆで卵の匂いを消すコツとは?


ゆで卵の匂いを消すコツとは、黄身をオレンジ色にすることです。

ゆで卵の黄身をオレンジ色にするには、茹で時間を正確に測ることが大切です。

とりあえず、固茹でのゆで卵を作りたいから、10分くらい茹でればいいか、と適当な時間でゆで卵を作っていませんか?
たまごは、湯で時間が長いと、硫黄の匂いが強くなります。

ゆで卵の黄身をオレンジ色にするコツをご紹介します。

スポンサーリンク

1.たまごを常温にします
その時の気温にもよりますが、室温で1時間くらい置きます。
時間がなければ、水やぬるま湯をはったボウルに10分くらい入れておきます。
たまごを触ってみて、冷たさがなくなればOKです。
常温に戻す理由は、熱を通したときにムラを無くすためです。

2.鍋に水を入れて沸騰させます

3.たまごを入れたら、弱火にします
小さな泡が出る程度の火加減にします

4.タイマーを使って、茹で時間を計ります
8~9分茹でると、黄身の半分くらいが少し柔らかい半熟
10~11分茹でると、固茹でのゆで卵
12分以上茹でると、硫黄臭がきつくなります。

5.時間になったら、ゆで卵を氷水などで急冷します
このとき、殻にヒビを入れておくと、剥きやすくなります。
新鮮な卵だと、殻が白身にくっついてむきにくいです。
たまごを購入してきて、冷蔵庫で1週間ほど置いた卵のほうが、殻がむきやすいですよ。
茹でた直後に冷やしても、殻がむきやすいとは言えないようです。
ちなみに、固茹でのゆで卵のほうが、半熟卵より殻がむけやすいようです。

ゆで卵の匂いが苦手!水から茹でたから臭いの?


水からゆで卵を作った場合も、加熱のし過ぎが、匂いの原因になります。

どうしても、時間がない!今すぐゆで卵を作り始めたいというときもありますよね。
冷蔵庫から出したすぐの卵を茹でたいときは、お湯ではなく、水から茹でます。
卵を水から茹でた場合は、卵の温度変化が少ないので、ヒビが入りにくいです。
冷たい卵を、沸騰したお湯の中に入れると、ひび割れの原因になります。

水が沸騰したら弱火にして、好みの硬さになるように時間を計って茹でます。
8~9分茹でると、黄身の半分くらいが少し柔らかい半熟
10~11分茹でると、固茹でのゆで卵
12分以上茹でると、硫黄臭がきつくなります。

しかし、水から茹でる場合、沸騰したタイミングの見極めが難しいですよね。
それに、卵の白身は、水が沸騰する100℃よりも前の、60~65℃で固まり始めます。
そうなると、なかなか、タイマーできっちり時間を計って茹でても、好みのゆで卵にするの大変です。
何回か、試してみて、好みの硬さのゆで卵にする時間を把握しておくといいですね。

半熟卵や、たまご臭くならないようにゆで卵を作るには、やはり、沸騰したお湯とタイマーを使ったほうが良さそうです。

まとめ

お弁当のスキマや彩りに入れたり、もう1品おかずがほしいときに便利なゆで卵。
常温に戻した卵、沸騰したお湯、タイマーがあれば、好きな硬さのゆで卵が出来上がります。
何度か試して、我が家の定番ゆで卵レシピを作っておくのもいいですよね

スポンサーリンク

-食べ物
-,

執筆者:

最近のコメント

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。