毎日すすめ!こどもと暮らす

子育てや日々の生活を向上させるためのお役立ち情報を発信しています。

手作り

100均の造花でリースを作ってみた!接着と手作りのコツ

投稿日:

100均には、すてきな造花がたくさん売ってありますよね。
今回、100均の造花を使って、リースを作ってみました。
初心者なので、手探りで作ったのですが、それなりにすてきなものができたと思います。
グルーガンを使うコツや、バランスのとり方もご紹介しています。

スポンサーリンク

100均の造花を使ってリースを作ってみた!

材料の紹介です。
まず、土台になるリースです。
Mサイズを利用します。

メインになる花です。

サブの花とグリーンです。

飾りも追加しました。

キーホルダーになっているぬいぐるみも使うことにしました。
このぬいぐるみ、ダイソーのお店で見ると表情がいろいろ違うので、お気に入りの子をみつけてください。

このままでは、使えないので造花をカットしていきます。

ハサミよりも、ニッパーがあるといいです。
造花の茎にワイヤーが入っているものがあるので、ハサミだと切りにくいです。

花の根元から、茎を3~4センチ残してカットします。
葉っぱは、固定されていないので指で上にずらすことができます。

スポンサーリンク

グリーンは、根元を切って1本ずつに分けます。
今回は、長いまま使おうと思います。

100均の造花を接着するには?

造花をリースにくっつけるには、100均に売ってあるグルーガンを使いました。
ボンドでもいいですが、グルーガンだと乾く時間も早いし、強度もあります。

まず、グリーンをリースに巻きつけます。
ところどころ、グルーガンで固定します。

まず、メインになる花をつけます。

メインの花を追加していきます。

バランスをみながら、残りの花や飾りをくっつけます。

グルーガンでくっつける前に、何をどうつけるか一度シュミレーションするといいですよ。
そして、それを写真にとって、写真を見ながらグルーガンでつけます。

造花でリースを手作りするときのコツは?


グルーガンを使っていて、少し困ったことが。
グルーがびよーんと糸を引いて、なかなか切れないのです。
そんなときは、グルーガンをくるくる回します。
垂れた糸状のグルーが切れるようになります。

グルーガンでくっつけたものを、やり直したいときがありますよね。
そんなときは、ドライヤーの温風で温めると、接着したものが取れます。
やり直しができるので、グルーガンは便利です。

リース作りは楽しいですが、難しいのが花のバランスです。
初心者でも、ステキと思われるようなリースを作るコツがあります。

それは、三角形を意識して花材をつけることです。
大き目のポイントを斜め下側に持ってきます。
そして、それより上側に小さめのポイントを2箇所つけます。

今回それを意識して作ってみました。
左下のピンクの花が、メインのポイント。
ウサギと右上の花が、残り2つのポイントで、三角形の出来上がり。

そして、他にもきれいなリースを作るポイントがあります。
それは、花材を三日月型につけるのです。
真ん中にポイントを持ってきて、左右に行くにつれて細くするのです。

まとめ

今回、はじめてリースを作ったのですが、意外と簡単に作れるんだなぁと思いました。
花を選ぶのも、どこにどの花をつけようか悩むのも楽しかったです。
グルーガンを使ったので、簡単に接着できるし、小学生の子供でも作れそうです。
今度は、娘と一緒に作りたいです。
それにしても、リース作りは奥が深そうです。

スポンサーリンク

-手作り
-,

執筆者:

最近のコメント

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。