毎日すすめ!こどもと暮らす

子育てや日々の生活を向上させるためのお役立ち情報を発信しています。

ベビー

授乳中に夏バテした時の食事と対策は?

投稿日:

今年も、暑い夏がやってきますね。
慣れない育児でバテバテなのに、更に、アツ~イ日が続くと疲れちゃいますよね。
ということで、夏バテしている授乳中のママさんに、おすすめしたい食事について、ご紹介します。
ワタシなりの夏バテしないためのちょっとした対策もあります。

スポンサーリンク
  

授乳中に夏バテになったらどうする?

授乳中は、普段の食事より多めにカロリーをとってもいいといわれていますよね。
でも、暑い日が続くと、食欲が減ることもあります。
夏バテで、ママがダウンしたら、赤ちゃんはもちろん家族が困ってしまいます。
もちろん、自分もしんどいです。
なので、食欲がなくても、何か自分の食べられるものを少しでもいいので食べてください。
たとえば、そうめんなど、麺類はのどごしがよくて、つるんと食べられます。
そうめんに飽きたら、つけ麺もいいですよね。
生の中華麺を買ってきて、茹でたら、水で冷やします。
つけ麺のスープは、家にある麺つゆを使います。
簡単だし、さっぱりとしていて、おいしいですよ。

麺に飽きたら、おかゆやおじやがおすすめです。
お茶漬けもいいですよね。
梅干しを追加すれば塩分も取れるし、さっぱりと食べられます。
やちりめんじゃこや卵をおじやに入れても、栄養バランスがよくなります。


コンロを使っておかゆを作るのが、暑すぎるときは、レトルトのおかゆがいいですよ。
レトルトのおかゆは温めなくても、そのまま常温のまま食べることができるので、お手軽ですよ。

とにかく、何か食べないと、元気も出ないし、母乳も出にくくなるかもしれません。
まずは、自分の好きなものから食べてみてください。
果物でも、パンでもいいと思います。

それで、ちょっと食欲が回復してきたら、栄養バランスが偏らないように食事をとっていくといいですよ。

夏バテした時の食事の対策は?


どうしても、食べられないときは、市販の栄養補助食品はどうですか?
カロリーメイトや、ゼリー飲料など、ドラッグストアでいろいろ売ってあります。

スポンサーリンク

カロリーメイトは、1箱で約400kcalくらいあります。
ご飯1杯より、多いカロリーです。
カロリーメイトとあわせて水分も忘れず摂ってください。
母乳のほとんどの成分が水分といわれていますし。
スポーツ飲料なら、体に水分が浸透しやすいですよ。
水分を取るときは、一気に飲むのではなくて、少しずつこまめに飲むほうがいいようです。

ゼリー飲料なら、チュルチュルと食べられるし、水分もとれます。
いろいろな味やタイプがあるので、いくつか冷蔵庫に常備しておくと、食欲のないときに、いつでも食べられます。

授乳しているときの夏バテの対策は?


食事以外で、夏バテの対策としては、体を休めることだと思います。
慣れない育児で、毎日、ヘトヘトじゃありませんか?
連日の熱帯夜にあわせて、夜中の授乳で、なかなか睡眠時間がとられなかったりしていませんか?
土日の休みの日に限って、上の子たちが早起きをして、「朝ごはん、まだ~」と起こされたり…(ウチのことです┐(´д`)┌)

ママが、夏バテで倒れたら大変!
なので、家事は手抜きになってもいいので、自分の体を休めてくださいね。
わたしはいつも、子どもと一緒の時間に寝ています。
「寝落ち」とかじゃなくて、子どもと一緒になって寝るんです。

子どもを寝かしつけてから、家事をしようとか、ワタシにはムリのようです。
おもちゃスペースには、おもちゃが出しっぱなしになっているけど、毎日片付けていてもキリがありません。
時間のあるときに、気が向いたら片付けています。
そんなゆるさもたまには、必要だと思います。

まとめ

わたしも、今年の夏、乗り切れるかどうかわからないので、今のうちに準備をしておこうと思います。
とりあえず、レトルトのおかゆ、カロリーメイト、スポーツドリンクを買いだめしてきます。
お守り代わりといったところです。

スポンサーリンク

-ベビー
-,

執筆者:

最近のコメント

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。