毎日すすめ!こどもと暮らす

子育てや日々の生活を向上させるためのお役立ち情報を発信しています。

お出かけ

軽自動車のエアコンが後ろまで効かないときの対策!後部座席まで届け!

投稿日:2018年5月17日 更新日:

だんだん暑くなってきましたね。
ところで、ワタシは、軽自動車に乗っているのですが、エアコンが効かない…。
運転席に座っているわたしは、エアコンで涼しいのですが、後ろの席は暑い!
子供たちが、かわいそうだなと思いました。
そこで、軽自動車のエアコンが効かないときの対策をご紹介します。

スポンサーリンク

軽自動車でエアコンつけても後ろが暑い!

車のエアコンの吹き出し口は、たいてい前方にありますよね。
いい車は後ろの席にエアコンあるのかな??
わたしが乗っている軽自動車だと、運転席と助手席のところにあります。
でも、後ろの席を冷やすためのエアコンはありません。

なので、運転しているワタシは、エアコンからの風を直接うけています。

でも、後ろの席に乗っている子供たちは、暑いと言っています。
後ろ向きに取り付けたチャイルドシートに乗っている赤ちゃんは、もっと暑いと思います。

そこで、エアコンの風を後ろの後部座席まで届けるため、扇風機を取り付けようと思います。
これが、一番手っ取り早いかなと思ってます。
欲しいと思っている扇風機は、ホームセンターやカーショップで市販されているものです。

欲しい扇風機は、電池式か充電式です。
シガーソケットから遠い場所で使いたいからです。
そして、クリップ式になっていることです。
前の席のヘッドレストやドアの持ち手などに付けようと思います。

楽天で購入するならこんな感じのものがよさそう。

 

 

軽自動車のエアコンが効かないときの対策!


車内に扇風機をつけても、真夏の暑さにはもっと対策が必要です。
でも、なるべく簡単でお金がかからない方法がいいですよね。

それなら、まず車に乗る前にこんなことをしてみてください。

500mlのペットボトルに水を入れて、車の屋根にかけるのです。
真夏の太陽の下に停めていると、車の屋根が相当熱くなっているはずです。
水をかけるというのは、打ち水効果のイメージです。
車内が冷えやすくなると思います。

そして、エンジンをかける前に、車のドアを開けておきます。
車内の暑くなった空気を、外に逃がすのです。

炎天下の車内は、とっても暑いです。
外気のほうが温度が低いはずです。
それからエンジンをかけましょう。

スポンサーリンク

軽自動車のエアコンを後部座席までとどけたい!


軽自動車のエアコンを作動させると、前に座っている人にエアコンの風が直接当たって、前の人は涼しいです。
でも、後ろの席に座っている人は暑いままです。

そういうときは、エアコンの風の向きを調整しましょう。
後ろの席まで、エアコンの風を届けるには、エアコンの送風口を、上向きか外の窓向きにします。
そうすることで、冷えた風が車内を循環しやすくなります。

そして、走り出して、はじめの数分は窓を全開にしておきます。
もしくは、運転席側の窓と左後ろの窓を開けます。
対角線上に窓を開けると、風が通りやすくなるからです。
そうすれば、車内の熱い空気が出て行きます。

まとめ

どんなに暑くても寒くても、車に乗らなければいけないことってありますよね。
できるだけ、赤ちゃんや子供が快適に車に乗れるように工夫をしてください。
お金をかけなくても、車内を快適にする方法をご紹介しました。
少しでもお役に立てれば嬉しいです。

スポンサーリンク

-お出かけ
-,

執筆者:

最近のコメント

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。