毎日すすめ!こどもと暮らす

子育てや日々の生活を向上させるためのお役立ち情報を発信しています。

手作り

ベビージムを手作りするなら100均のフラフープが便利!土台もね

投稿日:2018年5月16日 更新日:

赤ちゃんが産まれて、3ヶ月たちました。
最近は、あ~う~と声を出すようになりました。
そんな赤ちゃんのために、ベビージムを作ることにしました。
なるべくお金をかけたくないなぁ…
と、なれば100均が大活躍です。
今回、100均の商品を2つ使ってベビージムを作りました。

スポンサーリンク

ベビージムを手作りするなら100均が大活躍!

赤ちゃんが3ヶ月になって、最近、目でおもちゃや人の顔を追うようになりました。
手や足をバタバタと動かしたりして、活発です。
そんな、赤ちゃんが寝転んでいるところに、ベビージムを置いてあげたいと思いました。

市販のものを買うと、数千円します。
確かに、カラフルだし、いろいろ組み替えて長く使うことができるので、いいと思います。
でも、もっと安くベビージムを作ることができます。
なんと、材料費300円です。
100均で、3つの材料を買って手作りするのです。
購入するものは、

1.組み立て式のフラフープ
2.ワイヤーハンガー(2本以上セットのもの)
3.ビニールテープ(絶縁テープ)

以上の3つです。

このほかに、おもちゃとおもちゃをぶら下げるためのゴムやひもが必要です。
お家にあるもの、活用してもいいですよね。

ベビージムを手作りするならフラフープがぴったり!


まず、100均で買ったフラフープを組み立てます。
わたしは、ダイソーのおもちゃ売り場で購入しました。
4色の部品が2本ずつ入っているので、好きな色を選びます。
フラフープの部品5つを使って、半円(より少し大きめ)を組み立てます。
4つでも組み立ててみたのですが、赤ちゃんの顔に近すぎるようでした。

ベビージムを手作りするときの土台は?


ベビージムを手作りをするときの土台に、よくフロアワイパーのヘッドが使われているのを見ました。
ワタシも、100均で探してみたのですが、見つけられませんでした。
なので、ベビージムの土台に使えそうなワイヤーハンガーを使うことにしました。
100均のワイヤーハンガーなら、数本組で売られているので、1セット購入するだけでいいです。

ワイヤーハンガーは、物干し竿に引っ掛ける先の部分を根元から、折り曲げます。
そして、先を伸ばします。
それを、さっき組み立てたフラフープの先にビニールテープで固定します。
ワイヤーの先が出てきて、赤ちゃんに引っかからないように、多めにビニールテープを巻きます。
意外とワイヤーが硬いので、力がいります。

スポンサーリンク

出来上がりは、こんな感じです。

ベビージムの下に、トッポンチーノをひいて赤ちゃんを寝かせてみました。

赤ちゃんが寝ている小さなお布団は手作りのトッポンチーノです。
トッポンチーノについては、こちらでご紹介しています。
赤ちゃんのためにトッポンチーノを手作り!その使い方と効果は?

はじめは、じーっと、ぬいぐるみを見つめていました。
我が家のベビーは、アンパンマンではなくて、バイキンマンに夢中です。
(上の子もそうでした(#^.^#) )

おもちゃは、家にあったものを使っています。
ゴムを輪にして、ぬいぐるみにつけます。
それを、フラフープにつないでいます。
紐やゴムを固結びでつけるより、ゴムを輪にしておけば、おもちゃの取り外しが可能になります。
(ケータイストラップをつける要領です←古い!?)

 

最近は、オーボールを触って、指が引っかかると、ムギュッと握ったりしています。
オーボールの細い部分が握りやすいみたいです。

こちらは、ストラップもついているので便利かも。
ベビーカーへ、取り付けたりもできそうです。

 

 

まとめ

赤ちゃんは、どんどん成長するので、ベビーグッズは使う期間も短かったりします。
それなら、ベビーグッズはお財布にやさしいほうが助かりますね。
自分も楽しみながら作れるので、気分転換になっていいですよ。

ベビージムを手作りする参考になれば、嬉しいです。

スポンサーリンク

-手作り
-,

執筆者:

最近のコメント

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。